メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 行政情報 > 経済支援策 > コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店等を応援します【会津美里町飲食店応援給付金】

コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店等を応援します【会津美里町飲食店応援給付金】

更新日:2021年02月22日


 町では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による飲食店等利用者の減少により、経営に影響を受けている飲食店等を支援するため給付金を支給します。 
 

1.交付対象者

【飲食店または喫茶店を営む中小企業者・個人事業主】
 令和2年12月1日以前から町内に飲食店(※1)又は喫茶店(※2)として営業する店舗を有し、
現に営業しており(一時的な休業も含む)、今後も事業を継続する意思がある中小企業者及び個人
事業主(※3)。

※1 飲食店:食品衛生法第52条に規定する飲食店営業許可を受け、該当店舗内に占用する飲食用に
  供する客席があり、該当店舗内で客の注文に応じ調理した飲食料品を飲食させる店舗をいいます。
  ただし、客席にイートインスペースは含まれません。
※2 喫茶店:食品衛生法第52条に規定する喫茶店営業許可を受け、該当店舗内に占用する飲食用に
  供する客席があり、該当店舗内で客の注文に応じ飲食料品を飲食させる店舗をいいます。
  ただし、客席にイートインスペースは含まれません。
※3 中小企業者・個人事業主:中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する
  事業者
  
上記の方で、次のいずれにも該当する方が対象です。

1⃣事業にかかる直近の確定申告または町・県民税の申告をしていること。
   ※法人は、申請日時点で最初の事業年度の申告期限が到来していない場合は除く。

2⃣令和2年2月から令和3年1月までの任意の1ヶ月の飲食店又は喫茶店の売上高が前年同月と比較して
 減少していること。
 ※創業後1年を経過していない場合は、令和2年2月から令和3年1月までの任意の1ヶ月の飲食店又
 は喫茶店の売上高が、同月の前月又は前々月のいずれかの月と比較して減少していること。
 
2⃣構成員等に暴力団員等を有しないこと。

3⃣宗教上の組織もしくは団体ではないこと。 


2.給付額  

町内で営業する飲食店または喫茶店が1店舗の場合 20万円
町内で営業する飲食店または喫茶店が2店舗以上の場合 40万円

※国、県、町等から指定管理料、補助金等の運営補助を受けている店舗は該当しません。

3.申請期間

令和3年2月15日(月曜日)~令和3年3月19日(金曜日)
 
 
4.申請に必要な書類

  1.申請書兼請求書(様式第1号)
    2.食品衛生法第52条に規定する飲食店営業許可証または喫茶店営業許可証の写し
   (申請日時点で有効なもの)      
    3.  直近の確定申告書等の写し
  4.  減収が確認できる書類(町中小企業等活動応援給付金の交付を受けた場合は不要です)
  5.  本人が確認できる書類(個人事業者のみ)   
      6.振込口座が確認できる書類(通帳の写し等)
    7. その他町長が必要と認める書類
 

5.申請手続き等

  申請書及び関係書類を会津美里町産業振興課へ郵送にてご提出ください。   
      ※郵券代は申請者でご負担願います。   
     
      ※申請書等は、下記からダウンロード可能です。
          また、産業振興課商工観光係、各支所の窓口に用意してあります。  
              

このページに関する問い合わせ先

産業振興課 商工観光係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55‐1191
ファクス番号:0242-55-1199

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。