メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 各種健診(検診)・健康づくり > 風しん抗体検査、予防接種が無料で受けられます

風しん抗体検査、予防接種が無料で受けられます

更新日:2020年07月16日

 

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対し、令和4年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・麻しん風しん混合ワクチン接種費用の助成を行っています。

この年代の男性は公的な接種の機会がなかったために、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

この機会に是非クーポン券をご利用いただき、社会全体で免疫を持つこと、風しんを撲滅することにご協力ください。

 

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

無料クーポン券の交付

◎令和元年度の対象者:昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

令和元年5月にクーポン券をお送りしました。


令和元年度に交付したクーポン券は、有効期限を延長しました。以下の期間に読み換えて使えるようになりましたので、今お持ちのクーポン券は捨てずに、引き続きご利用ください。


【抗体検査券】
 2020年3月→2021年3月末日


【予防接種券】
 2020年3月→2021年3月末日

 
※クーポン券を紛失した場合は、再交付できますので健康ふくし課に申請してください。



令和2年度の対象者:昭和41年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性

令和2年5月にクーポン券をお送りしました。
有効期限:2021年3月末日


 

クーポン券の利用方法

抗体検査券

1.町の健診・会社の健診・指定医療機関に風しん抗体検査を申し込む。
2.クーポン券を切り離さずに持参し、抗体検査のための採血を受ける。
3.残りの券は持ち帰る。
4.後日、検査の結果が郵送または医療機関にてお知らせされる。

※指定医療機関とは、全国の風しん抗体検査実施医療機関。



【予防接種券(抗体価が陰性で、予防接種の対象と診断された方のみが対象)】

1.指定医療機関に、予防接種の申し込みをする。
2.予約当日、体温をはかり、体調が良いことを確認する。
3.指定医療機関に抗体検査の結果と、残りのクーポン券「予診のみ券」「予防接種券」を持参
4.医師の問診を受ける
5.接種または見合わせ


●体調が悪かった方→接種見合わせ→「予診のみ券」を使用し、次回体調が良いときに再受診する。
●体調が良く、医師が接種可能と判断した方→「予防接種券」を使用し、予防接種を受ける。

※指定医療機関とは、全国の麻しん風しん混合ワクチン接種実施医療機関。

注意事項

クーポン券が使えるのは1人1回限りです。

転入した方で、前住所地で風しんのクーポン券を使用し、抗体検査・予防接種を受けた方は会津美里町で再度使用することはできませんのでご了承ください。

転出した場合は、会津美里町のクーポン券は使用できませんので、転出先の市町村にお尋ねください。

予防接種を受ける際に必要な予診票や説明書は、指定医療機関にあります。

風しんとは?

風しんウイルスの飛沫感染によって起こり、軽い風邪の症状から、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などの症状が現れるようになります。
妊婦が妊娠早期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持ったお子さんが生まれる可能性が高くなります。

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

健康ふくし課 健康増進係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1145
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。