メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > リサイクルごみ > 雑がみは資源です

雑がみは資源です

更新日:2020年01月24日

雑がみってなに?

 古紙といえば、新聞・雑誌・段ボールの3つと思われがちですが、実はもう一つ身近で貴重な紙資源があります。
それが雑がみです。雑がみとは、家庭から出される新聞(チラシを含む)・雑誌(書籍を含む)・段ボール以外のリサイクルできる紙類のことです。具体的には、家庭でいらなくなった投げ込みチラシ・パンフレット・包装紙・紙箱・紙袋などの紙全般です。

ごみではなく資源回収へ

燃やせるごみの中には、雑がみがたくさん含まれています。普段何気なく捨てているメモ用紙や封筒・トイレットペーパーの芯などは、実はリサイクルできるのです。これらを燃やせるごみとしてではなく、資源ごみに出すことで燃やせるごみが減り、資源を有効に再利用することができます。

 雑がみとして出せるもの

  • お菓子や食品などの箱
  • ティッシュの箱(ビニール部分を取り除く)
  • パンフレットやチラシ
  • 紙袋(取っ手が紙製以外のものは取っ手部分を取り除く)
  • 封筒
  • 包装紙
  • コピー用紙
  • トイレットペーパーの芯など

プラスチックフィルム・クリップなどの金属・粘着テープやシールなどがついている場合は、これらを取り除いて出してください。
プリント類などについたホチキスの針は、外さなくて大丈夫です。

代表的な雑がみと出し方との注意

P1200567.JPG<ティッシュの箱>ビニール部分を取って折りたたんで出してください

P1200568.JPG<お菓子の箱>折りたたんで出してください

P1230578.JPG<包装紙>折りたたんで出してください

P1200566.JPG<パンフレット・チラシ類>

P1240583.JPG<トイレットペーパーの芯>つぶして出してください

こんなものは出せません

 一見リサイクルできそうな書類の中には、紙を再生する際の妨げになるものがあります。
次にあげるものは、紙を再生する際の色むらやしみ・においの原因になったり、機械を故障させる原因になります。

  • 感熱紙(レシート・FAX用紙)
  • 防水加工紙(紙コップ・ヨーグルトのカップ)
  • ビニールコート紙(開いて中を見るタイプのはがき)
  • 写真
  • 金紙・銀紙(折り紙・ガムやたばこの銀紙)
  • 裏カーボン紙・ノーカーボン紙(複写伝票・領収書)
  • においのついた紙(洗剤・お線香の箱)
  • 粘着物のついた紙
  • 油や汚れのついた紙

雑がみの出し方

紙袋に雑がみだけを入れたまったら袋ごと出す
 P1200570.JPG一番手軽でお勧めです!

雑がみだけを束ねて、紐で十字に縛って出す
P1200569.JPG

少量であれば雑誌にはさんで出す
P1210572.JPG

※雑がみを含めた古紙は、夜出されると放火の危険性がありますので、回収日当日の朝8時までに出していただくようお願いします。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

町民税務課 生活環境係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1166
ファクス番号:0242-55-0187

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。