メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 資料 > 選別収集の数値化 ~12月~

選別収集の数値化 ~12月~

更新日:2021年1月12日

住民のみなさんのご協力によりごみ減量化につながりました

 ごみ分別の徹底化を掲げ、町ではルール違反のごみはステーションから回収していません。
開始から約3ヶ月が経ち、現在ごみの適正な処理が徐々に浸透してきています。そのため今
後も選別収集を継続し、更なるごみ分別の浸透を図ります。

ごみステーション  区長説明
▲住民のみなさんのご協力により   ▲区長さんと一緒にごみステーション
 適正なごみ分別が浸透しています。  を確認しごみの処分方法を確認します。

12月

08(データ資料08)R3基準単価(燃料、紙類、作業服、モップ).jpg
※前年増減率(%):(当年数値÷前年数値-1)×100(小数点以下第2位四捨五入)

可燃・不燃

資源ごみ

11月


※前年増減率(%):(当年数値÷前年数値-1)×100(小数点以下第2位四捨五入)


 

10月


※前年増減率(%):(当年数値÷前年数値-1)×100(小数点以下第2位四捨五入)


 

みなさんからいただいた質問をご紹介します!

袋は何を使用したらいいのか。
中身を確認するため透明もしくは半透明の袋を使
用してください。( レジ袋など) ※透明もしくは半
透明の袋も使用可能です。
ガラスや陶器類などの割れ物はどのようにしたら
良いか。
→透明もしくは半透明の袋に入れて出してくださ
い。破ける場合は段ボールに入れて出してください。
※段ボールは後日資源ごみとして回収します。
洗剤などの色付き容器はどのように出せばよい
か。
→水で軽くすすいで「プラ製容器包装」として出し
てください。※海外製品等「プラマーク」が無い製
品も「プラ製容器包装」で出してください。
肥料袋はどのようにして出せばいいのか。
→中に何も入れずに「燃やせるごみ」へ出してくだ
さい。※家庭菜園で使用した物に限る。
使用済みのオムツ
→新聞紙などに包んで透明もしくは半透明の袋に入
れてください。※袋にペンなどで「オムツ」と記載
してください。
ビンや空缶はどこに出せばいいのか。
→各地区ごとに資源ごみのステーションが決まって
いるので確認し排出してください。

※資源ごみの回収容器等は前日に収集業者が設置し
ています。設置後、回収日当日の午前8時までに指
定の容器等に排出してください。

出前講座や啓発チラシ等で分別の浸透を図ります 

 町民税務課生活環境係では「選別収集」を行うにあた
り、地区への職員出前講座や、地区ごとの排出状況に対
応したチラシの配布を行っています。
 ご相談がある場合は町民税務課生活環境係(55-1166)
までご連絡ください。

出前講座 
▲職員出前講座の様子

このページに関する問い合わせ先

町民税務課 生活環境係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1166
ファクス番号:0242-55-0187

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。