メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 行政情報 > 各種計画 > 行財政改革 > 会津美里町財政計画

会津美里町財政計画

更新日:2019年05月27日

会津美里町財政計画とは 

平成17年10月に会津高田町、会津本郷町、新鶴村の2町1村の合併により誕生した本町は、合併町村に認められた財政措置(合併特例事業債、普通交付税の合併算定替)を活用し、新町(会津美里町)のまちづくりを進めています。
しかし、財政措置の一つである普通交付税の合併算定替については、平成28年度より段階的に縮減し、平成33年度以降、いわゆる一本算定へ完全に移行します。
また、公共的施設の整備事業等に要する経費に充てるための合併特例事業債(以下、「合併特例債」という。)については、当初、平成27年度をもって終了することとなっていましたが、東日本大震災の被害を受けた合併市町村に対する地方債の特例として、起債を起こす期間が平成37年度まで延長となっています。
本町においては、高齢化率が 33%を超えるとともに若年層が減少傾向となり、さらには、町民の価値観が多様化する中において、社会の変化に合わせて子育てや介護などの町民ニーズに的確に対応することが求められています。その様な状況の中で安定した財政運営を行うためには、財源確保に努め、無駄の削減や事務事業の見直しなどを行うとともに、町民に対して財政状況についての理解を深めていただく必要があります。
このため、今後さらに厳しい財政運営を向かえるにあたり、町民サービスの低下を招かぬよう配慮しつつ、定員適正化による人件費の削減、公共施設等の整理統廃合の実現に向けた取組などによる歳出の抑制を図るとともに、企業誘致の推進、町税等の債権回収対策の強化、国・県補助金などの積極的な活用などによる安定財源の確保に努めていくことが必要となります。
本計画は、こうした町の取組を基本として、過去における歳入・歳出の推移・実績を始め、法律等の制度改正、人口推移、景気予測などを勘案の上、算出した推計値を取りまとめたものです。
なお、本計画は、普通交付税の合併算定替が終了した後においても、将来にわたって無理、無駄のない健全な財政運営の実現を図っていくための指針とし、さらには、町民の皆様に本町の財政状況について理解を深めていただくための一助とする考えであります。

財政計画のローリング(見直し)

本町の財政や施策に関する要素(内的要素)に加え、本町を取り巻く環境に関する要素(国の財政運営や社会経済の動向などの外的要素)を反映させて、今後の財政収支等を試算するとともに、より適切かつ効果的に取り組むため、将来の財政運営に影響を与える要素を可能な限り織り込んで、財政収支をローリング(見直し)します。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

政策財政課 財政係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1171
ファクス番号:0242-55-1139

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。