メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 新型コロナウィルス関連感染症について

新型コロナウィルス関連感染症について

更新日:2020年03月16日

 新型コロナウイルス感染症に係る町主催イベント・行事等の中止又は延期について   new

町民のみなさまへのお願い  


1、手洗い咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)などを徹底してください。
「咳エチケット」とは(厚生労働省ホームページ) 
 
2、風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。

3、新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえ、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症の現時点で把握している特徴【2月25日時点】 出典:厚生労働省HPより

<感染の仕方>
 一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 <感染力>
 感染力は事例によって様々です。一部に、特定の方から多くの人に感染したと疑われる事例がある一方で、多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていません。

<一般的な症状と重症化するリスク>
発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

罹患しても軽症であったり、治癒する例も多いとされています。一方、重症度は、致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの、季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に、高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。
 

 一般的な相談窓口        

  • 会津美里町電話相談専用ダイヤル  

  電話 0242-23-8388 ※平日のみ対応しています。午前8時30分から午後5時まで 
  
  ※下記相談窓口においても対応しています。
   土日・祝日及び夜間等の相談については、下記の相談機関をご利用ください。

    • 会津保健所 (会津保健福祉事務所 医療薬事課)
      電話 0242-29-5512 ※夜間も対応しています。
      • 厚生労働省電話相談窓口            
        電話 0120-565653(フリーダイヤル) 
         ※土日・祝日も対応しています。午前9時から午後9時まで
      • 福島県相談専用ダイヤル (コールセンター)
        電話 024-521-7871 
        ※平日のみ対応しています。午前8時30分から午後9時まで

症状のある方の相談窓口     

※次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センターにご相談ください。こちらに該当しない場合で、ご自身の症状に不安があるときは、まず一般相談窓口にご相談いただきますようご協力お願いします。

 帰国者・接触者相談センター(会津保健所)
 電話 0242-29-5203
※夜間も対応しています。平日の時間内の連絡先受付時間は、平日、午前9時から午後5時までです。 
時間外・土日祝日については、上記電話番号におかけいただき、案内に従ってください。 緊急携帯電話等での対応となります。

帰国者・接触者相談センターに相談する目安  
             帰国者・接触者相談センターに相談する目安PDF(厚生労働省HPより)

〇風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)  

〇以下のような方は重症化しやすいため、上記の状態が2日程度続く場合には、ご相談ください。
  ・ 高齢者
  ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  ・ 免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方 

〇強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方  

(妊婦の方へ)
 〇妊婦の方は、念のため、発熱等の症状が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

(お子様をお持ちの方へ) 
〇現時点で、子どもが重症化しやすいとの報告はありませんので、目安どおりの対応をお願いします。  

〇現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

相談や受診する前に心がけることは

〇発熱などの風邪の症状が見られたら、学校や会社を休んでください。

〇発熱などの風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

相談後、医療機関を受診する時に注意することは

〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。

〇複数の医療機関を受診することは控えてください。

〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 感染症を予防するために  new

感染症を防ぐために     新型コロナQ&A

感染症対策ポスターPDF(厚生労働省HPより) 新型コロナウイルスQ&A PDF(厚生労働省HPより)

新型コロナチラシ1R2.2.25 新型コロナチラシ2

令和2年2月17日版新型コロナウィルスを防ぐにはPDF(厚生労働省HPより)
令和2年2月25日版新型コロナウイルスを防ぐにはPDF(厚生労働省HPより)

R2.3.4家庭内1 R2.3.4家庭内2

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~PDF(厚生労働省HPより)
R2.3.4家庭内で気をつける 今コロナを拡げない為に
新型コロナウイルスの集団感染を防ぐためにPDF(厚生労働省HPより)
新型コロナいま、拡げないためにPDF(厚生労働省HPより)

 多言語対応について  new

多言語対応については下記のページを参考に対応してください。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症ホームページ  For English  For Chinese
(外部サイトにリンクします)

観光庁による新型コロナウイルス感染症を含む相談センター
(外部サイトにリンクします)
 

 会津美里町新型コロナウイルス感染症対策本部

 会津美里町では、新型コロナウイルス感染症が令和2年2月1日に指定感染症に指定されたこと、国内での発生が拡大していることを受け、町全体での情報共有および今後の感染拡大の抑制等の対策を強化するために、令和2年2月10日に町長を本部長とする「会津美里町新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。

このページに関する問い合わせ先

健康ふくし課 健康増進係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1145
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。