メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > 向羽黒山城跡(むかいはぐろやまじょうあと)

向羽黒山城跡(むかいはぐろやまじょうあと)

更新日:2016年04月13日

概要

向羽黒山城向羽黒山城(外部リンク)は戦国時代会津を治めた蘆名盛氏が8年もの歳月をかけて築城した天然の要害です。

現在も一曲輪や二曲輪、九十九折の道、城への出入口とされた虎口などの遺構を残し、かつての面影を偲ばせます。

向羽黒山城跡は、白鳳山公園と呼ばれ町内外の方から親しまれています。白鳳山公園は観音山・羽黒神社のある羽黒山・一曲輪(いちのくるわ)のある岩崎山の3つの山から成ります。

平成13年8月7日、白鳳山公園のうち、一曲輪・二曲輪・御茶屋場曲輪など、多くの遺構を残す岩崎山を中心に、国指定史跡となりました。

二曲輪広場や御茶屋場曲輪からは、磐梯山や 飯豊山、会津若松市を望むことができ、会津を一円を見渡せるビュースポットです。

アスレチック設備もあり、小さなお子さんにも楽しんでいただけます。遊歩道散策も可能です。また、観光ガイドによる案内も実施しています。

お問合せ

会津美里町教育委員会生涯学習課文化係 電話番号:0242-78-2114

注:観光ガイドのお申し込み・お問合せは会津美里町観光協会 電話番号:0242-56-4882

歴史講演会

2010年12月4日(土曜日) 

演題:「向羽黒山城跡の整備について」

講師:田中哲雄(向羽黒山城跡調査指導委員)

2012年3月25日(日曜日)

演題:「会津盆地西南部の平地城館跡と山城跡ー向羽黒山城跡への前提条件ー」

講師:伊藤正義(鶴見大学教授)

2013年3月16日(土曜日)

演題:「向羽黒山城跡と戦国の世」

講師:吉田歓(米沢女子短期大学教授)

2013年6月15日(土曜日)

演題:「佐竹氏の南奥進出と蘆名氏」

講師:佐々木倫朗(大正大学教授)

2014年6月14日(土曜日)

演題:「中世・近世の災害と会津」

講師:矢田俊文(新潟大学教授)

2015年12月20日(日曜日)

演題:「 「歴史に向きあう」新たな観光の可能性 歴史観光地としての会津美里町の魅力」

講師:須賀忠芳(東洋大学教授)

現地見学会

平成27年11月29日、向羽黒山城跡調査事業の一環として現地見学会を実施しました。頂上付近にある「一曲輪(いちのくるわ)」では、11月上旬に石積みの遺構が発見され、当時の築城の実態を知る手がかりとなりました。現地見学会には歴史ファンや専門家が約30名参加し、熱心に説明に聞き入りました。

見学会の様子

見学会の様子1 見学会の様子2

見学会の様子3 見学会の様子4

見学会の様子5 見学会の様子6

見学会の様子7 見学会の様子8

お問合せ先

会津美里町役場 生涯学習課文化係
電話番号:0242-78-2114

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課 文化係
場所:新鶴庁舎
〒969-6495 福島県大沼郡会津美里町鶴野辺字広町740番地
電話番号:0242-78‐2114
ファクス番号:0242-78-3045

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。