メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 行政情報 > 広報・広聴 > あなたの声を町政に > パブリックコメント(意見公募の手続) > 「会津美里町社会教育委員条例の一部を改正する条例」に対する意見を募集しています

「会津美里町社会教育委員条例の一部を改正する条例」に対する意見を募集しています

更新日:2016年01月29日

趣旨

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(第3次一括法)により、社会教育法の一部が改正され、従来、国が定めていた社会教育委員の委嘱基準について、文部科学省で定める基準を参酌し、条例で定めることとされました。 本町が検討を進めている条例に定める基準(案)を公表いたしますので、広く町民の皆様のご意見を募集いたします。

条例に定める社会教育委員委嘱基準(案)の概要

社会教育法で社会教育委員の委嘱基準は省令で定める基準を参酌すべきとされており、「社会教育委員及び公民館運営審議会の委員の基準を条例で定めるに当たって参酌すべき基準を定める省令」の基準が適切であると考えられることから、省令どおりの基準とします。

社会教育委員の委嘱基準

現行基準

社会教育法第15条第2項

社会教育委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、教育委員会が委嘱する。

町の考え方

町の基準

社会教育委員は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、教育委員会が委嘱する。

理由

現在の社会教育委員の委嘱基準は、改正前の社会教育法の規定に基づいており、同様の内容で参酌すべき基準が規定されていることから、当該参酌すべき基準を委員委嘱の基準とすることが適切である。

実施期間

1月15日(水曜日)から

閲覧場所

生涯学習課(新鶴庁舎2階)、高田窓口相談室(高田庁舎1階)、本郷窓口相談室(新鶴庁舎1階) 閲覧時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日を除く) 閲覧できる資料は、次に掲載する資料と同じものになります。

意見の提出方法

様式の指定はありません。(任意の様式で可)

次に記述する「電子メール」、「直接持参」、「郵送」又は「ファクシミリ」のいずれかの方法により提出してください。なお、個人の場合は住所、氏名を、団体の場合は、所在地、団体名、代表者名を必ず明記してください。電話や口頭での受付は行いません。

電子メール

生涯学習課 宛 shogai●town.aizumisato.fukushima.jp(●は@に変更して送信してください)

題名を「パブリックコメント意見提出」としてください。

直接持参

生涯学習課(新鶴庁舎2階)、高田窓口相談室(高田庁舎1階)、本郷窓口相談室(本郷庁舎1階)へお持ちください。

郵送

郵便番号:969-6495

会津美里町鶴野辺字広町740番地  会津美里町教育委員会生涯学習課

「パブリックコメント意見提出」  宛

ファクシミリ

ファクス番号:0242-78-3045 生涯学習課 宛

題名を「パブリックコメント意見提出」としてください。

提出された意見について

ご記入いただいた住所、氏名等の個人情報はこの募集目的以外には使用しません。

意見提出者に対しての回答はしませんので、ご了承ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

生涯学習課 生涯学習係
場所:新鶴庁舎
〒969-6495 福島県大沼郡会津美里町鶴野辺字広町740番地
電話番号:0242-78‐2114
ファクス番号:0242-78-3045

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。