メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 学校 > 町奨学資金制度

町奨学資金制度

更新日:2018年03月06日

会津美里町の奨学資金制度についてご案内します。

 

平成30年度より奨学資金制度を拡充します

 拡充の内容は次の2点です。
  1. 一時金30万円を貸与します。
  2. 返還額の一部を免除します。

 

奨学資金貸与制度の趣旨

 町内に住所を有する生徒で、能力があるにもかかわらず、経済的な理由によって、学校に通うことが困難と認められる者に対して奨学資金を貸与し、教育機会の均衡等を図とともに、町の発展に資する人材を育成することを目的としています。

 

出願資格

  • 出願の時点で、会津美里町に保護者とともに一年以上住所を有し、経済的な理由で修学が困難と認められる者。
  • 高等学校、高等専門学校、専門(専修)学校、短期大学、大学又は大学院に在学し、品行が正しく学術に優れている者。

 

奨学資金貸与金額

在学する学校の種別月貸与金一時貸与金
高等学校 12,000円 (なし)
高等専門学校 20,000円 (なし)
専門(専修)学校 20,000円 300,000円
短期大学 25,000円 300,000円
大学又は大学院 30,000円 300,000円

  

奨学資金貸与の時期

  • 月貸与金は、奨学生が在学する学校の正規の修業期間において、毎月本人に貸与します。
  • 一時貸与金は、入学の月に一括して本人に貸与します。

 

出願手続

平成30年度奨学生の出願受付は終了しました。

 

貸与を受けた奨学資金の返還

 卒業の6ケ月後から8年以内に、月賦により返還していただきます。(無利子)

 

奨学資金の返還免除について

 返還をする方が、以下の【対象者】の1~3全てに該当する場合、返還額の一部を免除します。

【対象者】

  1. 平成30年4月以降に返還を開始する方。
  2. 町に住所を有し、居住している方。
  3. 就労している方。(町外に就労している場合も対象となります。)

【免除額】
 貸与を受けた総額を8年間、月賦で返還することとし、月々の返還額の2分の1を免除します。(1円未満の端数は切り捨て)

【申請方法】
 次の書類をそろえて、こども教育課へ提出してください。

  1. 返還免除申請書
  2. 就労証明書(就労先の証明を受けてください。)

 ※平成30年4月以降に申請を受け付けます。

 

このページに関する問い合わせ先

こども教育課 学校教育係
場所:新鶴庁舎
〒969-6495 福島県大沼郡会津美里町鶴野辺字広町740番地
電話番号:0242-78‐2112
ファクス番号:0242-78-3045

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。