メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 町・県民税 > 配偶者控除および配偶者特別控除が見直されました

配偶者控除および配偶者特別控除が見直されました

更新日:2018年11月01日

 平成29年度の税制改正により、配偶者控除および配偶者特別控除が見直され、所得控除額など下記の事項が改正されました。この改正は、平成31年度(平成30年分所得)の町県民税から適用されます。

改正の内容 

1.配偶者控除および配偶者特別控除を受ける方の合計所得金額に応じて、控除額が3段階に分かれます。(合計所得金額が1,000万円を超えると控除の適用はできません。)

2.配偶者特別控除の適用範囲が拡大されました。

【改正後】配偶者控除および配偶者特別控除の町県民税控除額一覧表(PDF:115KB)

ご注意ください 

 □税金と社会保険の扶養の判定基準は異なります。社会保険の扶養については、加入している組合にお問い合わせください。

□配偶者の合計所得金額の増加に伴い、配偶者自身の町県民税が課税(増額)となる場合があります。 

このページに関する問い合わせ先

税務課 民税係
場所:新鶴庁舎
〒969-6495 福島県大沼郡会津美里町鶴野辺字広町740番地
電話番号:0242-78‐2118
ファクス番号:0242-78-2292

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。