メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 町・県民税 > 特別徴収の事務手続きの流れ

特別徴収の事務手続きの流れ

更新日:2017年12月14日

給与支払報告書の提出

給与支払者(事業所)は、前年中に支払の確定した給与について給与支払報告書(給報)を作成し、従業員の1月1日現在における住所地の市町村に提出します。

提出いただく時期

毎年、1月31日まで

提出いただく書類

  • 給与支払報告書(総括表)
  • 給与支払報告書(個人別明細書)
  • 特別徴収できない場合は、普徴仕切紙へ普通徴収の理由を記載

税額の計算及び通知

給報等に基づいて市町村で個人住民税額を計算します。

注:所得税のように事業主の方が税額を計算する必要はありません。

特別徴収税額の通知及び納入

毎年5月に特別徴収義務者(事業所)あてに「特別徴収税額決定通知書」をお送りします。
「特別徴収税額決定通知書」に記載された税額を毎月の給与から天引きし、市町村から送付される「納入書」を使用して翌月10日までに市町村に納入してください。
納入書に記載の金融機関が取扱金融機関になります。
記載のない金融機関で納入する場合は、手数料がかかることがありますのでご注意ください。

注:ゆうちょ銀行・郵便局で納入する場合は、市町村が発行する「ゆうちょ銀行・郵便局指定通知書」が必要になります。

注:納期限は、月割額を特別徴収(給与から差引き)した月の翌月10日です。納め忘れにご注意ください。

特別徴収のしくみ

納期の特例について

特別徴収税額は、原則、毎月(年12回)納入していただくことになっていますが、給与の支払いを受ける従業員が常時10人未満の事業所で、市町村に「納期の特例に関する承認申請書」を提出し、承認を受けた場合は、年2回に分けて納入できる「納期の特例」をご利用いただけます。
ただし、滞納等があり納入に支障が生じる恐れがあると認められる場合は、申請が却下または承認取消がされることがあります。
承認後、給与の支払いを受ける従業員が常時10人未満でなくなった場合は、納期の特例は受けられませんので、その旨、必要事項を記載した届出書を市町村へ提出してください。 

詳しくは関連リンク「特別徴収の納期の特例について」をご覧ください。

異動届出書の提出

退職や休職または転勤等により従業員の異動があった場合は、「給与所得者異動届出書」を提出する必要があります。

     
  • 提出いただく時期:退職や休職または転勤等により従業員の異動があった日の翌月10日まで
  • 提出いただく書類:特別徴収に係る給与所得者異動届出書

注:異動届の提出期限を厳守してください。

異動届の提出が遅れると、退職や休職または転勤等をした従業員(納税義務者)の方が納めるべき税額が、特別徴収義務者である事業主の方の滞納になったり、税額変更や普通徴収への切替処理の遅れる結果、納税義務者の方に対して一度に多額の住民税の納付義務を負わせてしまうことになります。

退職者や休職者の徴収方法

6月1日から12月31日までに退職した場合

特別徴収できなかった残りの税額は、普通徴収に切り替え、従業員の方(納税義務者)から直接納付していただきます。
ただし、従業員の方から特別徴収の方法で納入したい旨の申し出があった場合、残りの税額を給与や退職手当等から一括して特別徴収します。

翌年1月1日から4月30日までに退職等をした場合

上記の12月末までの退職とは異なり、特別徴収できなくなった残りの税額について、従業員の方からの申し出がなくても5月31日までに支払う給与や退職手当等から一括して特別徴収することになっています。

(地方税法第321条の5第2項)

残りの税額が、5月31日までに支払う給与や退職手当等の額を超える場合はこの限りではありません。
5月に退職する場合も、最終月分として特別徴収により納入していただきます。

年度途中の特別徴収への切替

途中採用等により従業員の方から個人住民税を特別徴収の方法で納入したい旨の申し出があった場合は、事業主の方から市町村へ「特別徴収への切替申請書」を提出して頂くことにより、特別徴収への切替を行います。
ただし、届出時点で普通徴収の納期限が過ぎている分については、特別徴収に切り替えることはできません。

特別徴収義務者の所在地・名称等の変更

特別徴収義務者の方の所在地や名称等の変更があった場合、事業所の合併等があった場合は、速やかに「所在地・名称等変更届出書」を提出してください。
また、合併・分割等の場合には「給与所得者異動届出書」を併せて提出してください。

申請書・届出書は、関連リンク「申請書ダウンロード」の「税の各種様式集」をご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

税務課 民税係
場所:新鶴庁舎
〒969-6495 福島県大沼郡会津美里町鶴野辺字広町740番地
電話番号:0242-78‐2118
ファクス番号:0242-78-2292

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。