メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 行政情報 > 上下水道 > 上水道 > 会津美里町上水道(高田地域)石綿セメント管残存延長調査報告

会津美里町上水道(高田地域)石綿セメント管残存延長調査報告

更新日:2015年12月16日

  1. 調査の目的
    会津美里町においては、昭和28年からの新鶴地域、昭和31年からの本郷地域、昭和48年からの高田町地域と水道事業が開始されました。

    石綿セメント管は、昭和30年代から昭和60年代初めにかけて、全国の水道事業で使用され、本町においても3地域共に使用されました。

    新鶴地域は、昭和63年から平成4年、本郷地域は昭和62年から平成19年度において、VP管等への交換がほぼ終了していますが、高田地域は同時期に第1次拡張事業を実施していた為に、VP管等への交換が進まず石綿セメント管が残っています。

    しかし、施工から40年余りが経過し、当時の資料等がほとんど残っていない為、詳細については不明なままとなっていました。

    したがいまして、今後の維持管理業務の資料とするために、今回の調査を実施しました。
  2. 調査の概要
    高田地域の石綿セメント管を調査対象とし、埋設位置及び延長について、高田地域の上水道路線網図を基に、旧会津高田町の水道事業担当車者からのヒヤリングを実施に、机上により調査を行いました。
  3. 調査結果
    高田地域の石綿セメント管残存延長はL=26,830メートルと推計され埋設位置は添付資料調査図のとおりです。

尚、報告書を添付いたしましたので、詳細をご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

上下水道課 上水道係
場所:本郷庁舎
〒969-6195 福島県大沼郡会津美里町字北川原41番地
電話番号:0242-56‐3951
ファクス番号:0242-56-4606

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。