メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 観光 > 会津美里町の行事 > 西勝の彼岸獅子

西勝の彼岸獅子

更新日:2016年02月24日

日時
3月 春分の費
三匹獅子舞(太夫獅子・雄獅子・雌獅子)で、舞は代々西勝の長男のみに受け継がれてきました。

 この由緒は様々に伝えられていますが、西勝は寛永三年(1626)古屋敷で大火があり、全村焼失して現地に移住してきたといわれています。
 
また寛政十年(1798)頃に悪疫の流行によって人口が半減し「手余田多く、若人甚だしく減る」と高辻帳に見えています。

 こうした悲惨な状況が、多くの死者の霊を慰め、悪疫退散と五穀豊穣・家内安全を祈願し、いくらかの犠牲を払っても村人に勇気と心の支えを与えるため、再興の悲願をかけてこの獅子舞をおこしたといわれています。
  • :西勝の彼岸獅子の画像

    西勝の彼岸獅子

このページに関する問い合わせ先

商工観光課 観光係
場所:本郷庁舎
〒969-6195 福島県大沼郡会津美里町字北川原41番地
電話番号:0242-56-4914
ファクス番号:0242-56-4606

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。