メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 相談窓口 > 障がい者への虐待の疑いがある場合は、すぐにお知らせ下さい

障がい者への虐待の疑いがある場合は、すぐにお知らせ下さい

更新日:2016年01月18日

障がい者への虐待の疑いがある場合の通報先、相談先について

障がい者への虐待の疑いがある場合はすぐに通報してください。

家庭の中で発生する障がい者虐待の場合は、養護者が障がいの特性についての知識が不足して適切な対応ができなかったり、介護疲れからストレスを抱えていたりするなど、養護者にかかる重い負担が虐待の要因となっていることがあります。このような場合は一人で背負わずにご相談ください。

また、障がい者虐待は、家庭や障害者福祉施設など閉鎖的な環境で発生しており、また、虐待を受けている障がい者自らが訴えることができないこともあるため、虐待を早期に発見するためには、周囲の人たちからの通報が不可欠です。次のような行為を見たり、「虐待かもしれない」と感じたら、すぐに連絡してください。匿名でもかまいません。情報提供者の秘密を厳守した上で対処いたします。

  • 身体的虐待:暴行を加える。身動きが取れない状態にする。
    助けてのサイン:青あざなどが絶えない。
  • 性的虐待:無理やりわいせつな行為をしたり、させたりすること。
    助けてのサイン:極端におびえる。暗闇を怖がる。
  • 心理的虐待:侮辱したり、拒絶したりするような言葉や態度で精神的苦痛を与える。
    助けてのサイン:怒りやすい。切れやすい。話をきかない。
  • 放棄・放任:食事や入浴、洗濯、排せつの世話をしない。心身を衰弱させる。
    助けてのサイン:くさい。服が汚れている。
  • 経済的虐待:障がい者の同意なしに財産や年金、賃金を使うこと。
    助けてのサイン:家賃や公共料金の滞納が発覚する。

通報先 問い合わせ相談先

平日午前8時30分から午後5時15分
会津美里町役場 福祉課 障がい福祉係
電話番号:0242-55-1188 ファクス番号:0242-55-1189

夜間・祝休日
日直・宿直  電話番号:0242-55-1122         

 

「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行されました。

平成24年10月1日(月曜日)に「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行されました。「障がい者虐待防止法」と呼ばれるこの法律は、虐待によって障害者の権利や尊厳がおびやかされることを防ぐ法律です。家庭や障がい者福祉施設、職場などで障害者への虐待を発見した人に自治体等への通報を義務付ける内容となっています。

 

このページに関する問い合わせ先

福祉課 障がい福祉係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1181
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。