メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > よくある質問 > 国民健康保険 > 国民健康保険の資格喪失

国民健康保険の資格喪失

更新日:2015年11月21日

Q.1 会社に就職した場合の手続きと国民健康保険税額はどうなりますか?

A.1 社会保険に加入した日が確認できる書類(保険証等)と国民健康保険の保険証を持参していただき、国民健康保険の資格喪失届出をしてください。国民健康保険の資格を喪失した日が属する月から月割で減額となります。納税通知書は、届出した月の翌月に世帯主宛に送付されます。

(例:8月2日に国民健康保険の資格を喪失した場合、8月から翌年3月までの8ヶ月分が減額されます。)

 

Q.2 10月から社会保険に加入したので、10月末の納期限分は納めなくてもいいのですか?

A.2 国民健康保険税は、1年間の税額を年8回の納期で納めていただくことになりますので、各納期の税額が各月ごとの税額となっている訳ではなく、年税額をほぼ均等に振り分けた税額になります。

 なお、国民健康保険の資格を喪失した場合の税額変更により過誤納金が発生する方には、後日、お返しいたします。また、税額変更後に未納額があれば、社会保険に加入した後にも納付が必要となる場合があります。

 

Q.3 家族の扶養(社会保険等)となった場合の国民健康保険税額はどうなりますか?

A.3 本人が社会保険に加入した場合と同様に、社会保険に加入した日が確認できる書類(保険証等)と国民健康保険の保険証を持参していただき、国民健康保険の資格を喪失した日が属する月から月割で減額となります。

納税通知書は、届出した月の翌月に世帯主宛に送付されます。

 

Q.4 他市区町村に転出する場合の手続きと国民健康保険税額はどうなりますか?

A.4 転出届出の際に国民健康保険の保険証を持参してください。転出により当町の国民健康保険の資格を喪失した日が属する月から月割で減額となります。納税通知書は、届出した月の翌月に世帯主宛に送付されます。

 なお、税額変更により過誤納金が発生する方には、後日、お返しいたします。また、税額変更後に未納額があれば、転出した後にも納付が必要となる場合があります。

 

このページに関する問い合わせ先

健康ほけん課 保険年金係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1145
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。