メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 障害基礎年金

障害基礎年金

更新日:2016年01月13日

国民年金の加入者が病気や怪我がもとで障害者になったときに受けることが出来ます

障害基礎年金の受給資格と条件

1. 国民年金に加入している人が障害者になったとき

2. 国民年金に加入していた、日本に住所のある60歳以上65歳未満の人が障害者になったとき

  • 障害認定日に「1級」、または「2級」の障害の状態にあること
  • 初診日の月の前々月までの加入期間のうち、3分の2以上保険料を納めていること(免除期間も含む)ただし、平成28年3月31日までであれば、初診日の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ支給されます。

注:半額免除の承認を受けても半額の保険料を納めなかった期間は免除期間から除かれます。

3. 20歳になったときに障害の状態にある人

障害認定日が20歳になる前の場合は、20歳になったときに障害の程度が「1級」または「2級」に該当していること
障害認定日が20歳になってからの場合は、障害認定日に障害の程度が「1級」または「2級」に該当していること

注:20歳になる前に障害になった人は20歳から支給されますが、本人の所得の制限があります。

注:障害認定日とは、その障害の原因となった傷病の初診日から「1年6ヶ月たった日」か「それ以前に症状が固まった日」のことをいいます。

障害者年金の年金額

  • 1級障害 975,125円
  • 2級障害 780,100円
  • 注:障害年金を受けられるようになったとき、その人に生計を維持されている18歳に達する日の属する年度末までの間にある子どもがいるときに、下の額が加算されます(障害の状態にある子の場合は20歳未満)
  • 1人目・2人目(1人につき) 年額224,500円
  • 3人目以降(1人につき) 年額74,800円

このページに関する問い合わせ先

健康ほけん課 保険年金係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1145
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。