メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 第1号被保険者の独自給付

第1号被保険者の独自給付

更新日:2016年01月11日

自営業の人など(第1号被保険者)に対する国民年金独自の給付として、次の3つの種類があります

付加年金

付加保険料(400円)を納めている人は、将来の年金額に付加年金が加算されます。
受給額は、納付月数×200円です。

寡婦年金

夫が亡くなったとき、次の条件を満たす妻に60歳から65歳になるまでの間支給されます。

受給条件

  • 婚姻期間(内縁でもよい)が10年以上続いている
  • 夫によって生計を維持されていた
  • 夫が障害基礎年金または老齢基礎年金を受けたことがない
  • 死亡したつきの前月までの第1号被保険者としての保険料納付期間と免除期間を合算して25年以上ある

年金額

夫が受けられるはずだった老齢基礎年金の4分の3が支給されます。

死亡一時金

第1号被保険者として、保険料を3年以上納めた人が、何の年金も受けずに亡くなった場合、生計を同じくしていた遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)に支給されます。
(ただし、その遺族が遺族基礎年金を受けられる場合は支給されません)

支給額

  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が3年以上15年未満の一時金の額 120,000円
  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が15年以上20年未満の一時金の額 145,000円
  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が20年以上25年未満の一時金の額 170,000円
  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が25年以上30年未満の一時金の額 220,000円
  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が30年以上35年未満の一時金の額 270,000円
  • 第1号被保険者としての保険料納付済期間が35年以上の一時金の額 320,000円

注:付加保険料を3年以上納めている場合は、8,500円が加算されます。

このページに関する問い合わせ先

健康ほけん課 保険年金係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1145
ファクス番号:0242-55-1189

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。