メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ペット・動物 > 蜂の巣駆除

蜂の巣駆除

更新日:2015年12月25日

毎年、春から秋にかけて、蜂の活動が活発になり、住民の方から宅地内等での蜂の巣についてご相談をいただきますが、町では蜂の巣の駆除等はおこなっておりません。

蜂の巣の駆除等につきましては、その土地の所有者または管理者の方にお願いしております。

町では、蜂の巣駆除用防護服の貸出し(無料)または専門駆除業者の紹介を行っております。

蜂の巣駆除用防護服の貸出しについて

  • 蜂の防護服は数に限りがありますので、蜂の活動が活発になる時期は貸出しが集中して在庫がなくなることがあります。貸出しを希望される方は、事前にお問い合わせをお願いします。
  • 貸出し期間は、通常1~2日間程度です。
  • 防護服は、スズメ蜂など大型の蜂駆除にも対応しておりますが、可能な限り個人ではおこなわず専門駆除業者に依頼することをお勧めします。
  • 駆除用の殺虫剤等については、各自で準備してください。
  • 防護服等が濡れた場合は十分にふき取るか、乾燥させてから返却してください。

 

専門駆除業者に依頼する場合について

自分で駆除することが難しい場合には、専門駆除業者へ相談・依頼してください。町では専門駆除業者の紹介をおこなっておりますが、電話帳タウンページ「ハチ駆除」にも掲載してあります。

駆除費用は依頼者の負担となります。蜂の種類、巣の大きさ、場所によって料金や作業時間も変わってきますので、十分に打ち合わせをした上で依頼してください。

 

害虫110番

参考(全国に害虫駆除などの相談を受ける協会があります。)

福島県ペストコントロール協会(外部サイトにリンクします)

 

蜂に刺されないための予防と刺されたときの処置

  • 巣を見つけても近づかず、姿勢を低くしてゆっくりと静かにその場を離れましょう。
  • 蜂は黒い色に対して非常に敏感に反応します。外出の際は、白や明るい色の服などを身につけましょう。
  • 香水、ヘアスプレー、化粧品や音や振動には敏感に反応し、攻撃のきっかけとなる場合があります。
  • 刺されたときは、傷口をつまみ毒液を体内から押し出した後、患部を水道水など流水でよく洗い流し、冷やしてください。
  • 重症またはアレルギー性症状がある場合は、できるだけ速やかに医師の診察を受けてください。

このページに関する問い合わせ先

くらし安心課 環境衛生係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1166
ファクス番号:0242-54-7710

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。