メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 分け方・出し方 > 事業系のごみの捨て方

事業系のごみの捨て方

更新日:2019年09月19日

店舗・会社・工場・事務所などの営利を目的とするものだけではなく、病院・学校・官公署など広く公共サービス等を行っているところも含めて、事業活動に伴って生じた廃棄物を事業系廃棄物(事業系ごみ)と言います。

事業者の責務

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物について「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により自己で処理する責任が定められています。

事業系ごみの分別及び収集について

事業系ごみは町では収集しません。
一般廃棄物については、一般廃棄物収集運搬の許可を受けた業者(関連リンク参照)に収集を依頼し、有料で処理してください。

 000.JPG

こんなごみも事業系ごみです

  • お茶殻や従業員が食べ残したもの
  • 伝票・書類などの紙類
  • 飲食店・従業員食堂からでる調理くず・残飯

どんなにわずかでも(ごみの量や重さに関係なく)有料で処理する必要があります。
事業系ごみを地域のごみステーションに出すことはできません。廃棄物処理法第3条第1項で「事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない」と定められています。地域のごみステーションへ排出することは、自らの責任で処理をしていることにはあたりません。このことから、不法投棄とみなされ法律違反になる場合があります。

このページに関する問い合わせ先

町民税務課 生活環境係
場所:本庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字新布才地1番地
電話番号:0242-55-1166
ファクス番号:0242-55-1025

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。