メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 町で収集するごみ、しないごみ

町で収集するごみ、しないごみ

更新日:2015年12月28日

町で収集するごみとしないごみの種類です

町で収集するごみ

燃えるごみ

台所のごみ・ゴム製品・革製品・毛糸製品など

  • 台所のごみは水分をよく切ってください
  • 食用油は紙や布にしみ込ませてください
  • 木材・木くずは60センチメートル未満、直径もしくは一辺15センチメートル未満
  • 布団等はたたんでヒモで十字に縛ってください

紙製容器包装・ペットボトル・プラ製容器包装・紙パック・ダンボール・新聞紙・雑誌類は「資源ごみ」へ

燃えないごみ

金物類・ガラス・陶器・小型家電製品・硬質プラスチックなど

  • スプレーやライターはガスを完全に抜いてください
  • 有毒性、爆発性のあるものは出せません
  • 自転車(タイヤの空気を抜き、鍵をかけたまま「所有者の住所・氏名」を表示して排出する)

ガラスびん類・アルミ缶・スチール缶は「資源ごみ」へ

粗大ごみ

家具類・スプリングのないベッドなど

  • 一辺が60センチメートル以上の容積があるもの。または30キログラムを超える主に家具類

収集受付日の午前中に町民生活課環境衛生係まで電話で連絡してください。 回収は受付日の翌日以降、個別に行います。

プラ製容器包装

白色トレイ・有色トレイ・発泡スチロール・レジ袋・外装フィルム・豆腐や卵のパック等

  • プラマーク(プラマーク)の表示のあるもの
  • 圧縮してごみ袋に入れて出す
  • 汚れが容易に落ちないものは「燃えるごみ」へ

町で回収しないごみ

家電リサイクル法対象品

冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機

廃棄については、購入店・電気店にご相談ください。

詳しくは家電リサイクル法について(経済産業省)(一般財団法人)家電製品協会(外部サイトにリンクします)をご覧下さい

資源有効利用促進法対象機器

パソコン本体・ディスプレイ・ノートパソコン

パソコンの処分方法

適正処理困難ごみ

硬質鋼材、直径1.5センチメートル又は1.8メートルを超える鉄材、各種ボンベ、コンクリート、レンガ、スプリング入りベッドやソファ、消火器、バッテリー等

購入店に引き取ってもらうか、許可を得た収集運搬業者に依頼する。
(年2回有料回収を行います。日時、場所は広報でお知らせします)

注:旧会津高田町においては、適正処理困難物と廃棄農機具を合わせて「廃農機具等」ということで期日を指定し有料収集していましたが、廃棄農機具については、必要に応じて処理業者を紹介しますので、個人で処理するようになります。

事業系ごみ

商店・工場など事業所の事業活動により排出されるごみ

  • 事業者が中間処理施設に持ち込むか、許可を得た収集運搬業者に依頼する

多量ごみ

引越し・買い換え等により一度に大量に出るごみ

自ら中間処理施設に持ち込むか、許可を得た収集運搬業者に依頼する。
(町発行の証明書がなければ有料)

このページに関する問い合わせ先

くらし安心課 環境衛生係
場所:高田庁舎
〒969-6292 福島県大沼郡会津美里町字宮北3163番地
電話番号:0242-55-1166
ファクス番号:0242-54-7710

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。