メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > あいづみさと 美の旅ガイド > 観光スポット > 見る > 浮身観音

浮身観音

更新日:2017年02月27日

会津三十三観音番外札所1。天台宗道樹山龍興寺の浮身観音です。龍興寺境内にある八角のお堂「八葉堂」が浮身観音堂。永禄2年(1559)、兵太郎(後の天海)が12歳のとき、霊夢によって浮目(うきめ)というところの水田を堀り、土仏の観世音を発見したと言われています。同年、この土仏を模して寄木造りの木造に造り替え、その胎内仏として土仏を入れたとされています。

  • ご詠歌:浮身をば助け給へや観世音みちびき給え弥陀の浄土へ

うきみをばたすけけたまへやかんぜおんみちびきたまえみだのじょうどへ

浮身観音の基本情報

  • 〒969-6265 福島県大沼郡会津美里町字龍興寺北甲2222-3
  • 電話番号:0242-54-2446(龍興寺)
  • 備考:駐車場あり(10台)

浮身観音への交通・アクセス

 

車でお越しの場合

  • 「会津若松IC」から車で約20分
  • ETC搭載車は「新鶴スマートIC」から車で約15分

鉄道でお越しの場合

  • 「JR只見線 会津高田駅」下車、徒歩で約10分

詳しくは、JR東日本のウェブサイト(外部サイトへリンクします)

バスでお越しの場合

  • 「会津バス 若松ー永井野行き 大沼高校入口」にて下車、徒歩で約5分

詳しくは、会津バスのウェブサイト(外部サイトへリンクします)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。